お参りの仕方と勤行次第

【お参りの仕方】

山門にて合掌一礼し、境内に入ります。
手水場にて口と手を清め、本堂に向かいます。
本堂でローソク、線香をささげます。
ご持参の納め札や写経を納めます。
賽銭をいれます。
心を静め合掌し、お経を唱えます。
本堂でのお参りが終わりましたら、大師堂にて、本堂と同じ手順でお参りします。
納経がある場合はご朱印をもらって下さい。

【お参りする時の注意点】

おつとめをする時は、後からお参りされる方のため、なるべく正面を避けて下さい。
ろうそくは1本なるべく上から、線香は3本なるべく真ん中から立て下さい。
ご朱印のおつとめの後で頂くのが基本です。

【巡拝時の服装、その他】

金剛杖(こんごうづえ)
同行二人でお大師様とご一緒に修行させて頂く為のお杖です
輪袈裟(わげさ)
十善会などの戒律を守る事を約束した法衣です。
袈裟をつけている時は守る様にして下さい。トイレなど用をたす時は外して下さい。
数珠(じゅず)
一連数珠と単数珠がありますが、数珠を摺る時は祈念するという意味があるので、なるべく巡拝中は一連数珠を使って下さい。一連数珠は108の玉が煩悩を示していて、単数珠はそれを省略したものです。
経本(きょうぼん)
各霊場のご本尊様とお大師様にお経を奉納する為に必要です。
山谷袋(さんやぶくろ)
頭蛇袋(ずたぶくろ)ともいい、納経帳、経本、等を入れておく袋の事です。
鈴(れい・すず)
巡拝中の安全や魔除けの為につけます
札ばさみ(いたばさみ)
納札をいれておくものです。
納札(おさめふだ)
巡拝回数により色が違います
白 巡拝回数1回~4回
緑 巡拝回数5回~7回
赤 巡拝回数8回~24回
銀 巡拝回数25回~49回
金 巡拝回数50回~99回
錦 巡拝回数100回以上
*あくまで目安ですのでこの通りする必要はありません。
20回以上巡拝された方でも白札でされている方もいます。
白衣(はくえ、びゃくえ)
死装束とされ、どこで死に絶えてもいいという覚悟のしるしとされていました。聖なる世界を行く鎧と言ってもいいかもしれないです。
納経帳(のうきょうちょう)
お経を納めた証として頂くためのものです。
四国では重ね印(一回だけでなく2回、3回と重ねる事)をします。ご朱印はスタンプではありません。
納経軸(のうきょうじく)
納経帳と同じようにします。ただし、重ね印はしません。
線香(せんこう)
蝋燭(ろうそく)
*上記に巡拝時の服装を記しましたが、必ずこの様にする必要はありません。納経帳と数珠は持って行く事をお勧めします。

 

【勤行次第】

合掌礼拝
恭しく みほとけを 礼拝したてまつる

懺 悔(さんげ)
無始よりこの方 貪瞋痴の煩悩にまつわれて 身と口と意とに 造るところの もろもろの つみとがを みなことごとく 懺悔したてまつる

〇我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋痴 従身語意之所生 一切我今皆懺悔

三 帰(さんき)
この身 今生より 未来際を尽くすまで 深く三宝に 帰依したてまつらん

〇弟子某甲 尽未来際 帰依仏  帰依法  帰依僧

三 竟(さんきょう)
この身 今生より 未来際を尽くすまで ひたすら三宝に 帰依したてまつり とこしえに かわることなからん

〇弟子某甲 尽未来際  帰依仏竟  帰依法竟  帰依僧竟

十善戒(じゅうぜんかい)
この身 今生より 未来際を尽くすまで 十善のみおしえを 守りたてまつらん

〇弟子某甲 尽未来際 不殺生 不偸盗 不邪淫 不妄語 不綺語 不悪口 不両舌 不慳貪 不瞋恚 不邪見

発菩提心
白浄の信心を 発こして 無上の 菩提を求む 願わくは 自他もろともに 仏の道を悟りて 生死の海を渡り すみやかに解脱の彼岸に到らん

〇おんぼうじ しった ぼだはだやみ

三摩耶(さんまや)戒(かい)
われらは みほとけの子なり ひとえに 如来大悲の本誓を仰いで 不二の浄信に安住し 菩薩利他の行業を励みて 法身の慧命を 相続したてまつらん

〇おん さんまや さとばん

開経偈(かいきょうげ)
無上甚深微妙の法は 百千万劫にも遭い遇うことかたし われいま見聞し受持することを得たり 願わくは如来の真実義を解したてまつらん

〇無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇 我今見聞得受持 願解如来真実義
般若心経(はんにゃしんぎょう)
般若心経は 仏教の精要密蔵の肝心なり このゆえに 誦持講供すれば 苦を抜き 楽を与え 修習思惟すれば 道を得 通を起こす まことにこれ 世間の闇を照らす 明燈にして 生死の海を渡すいかだなり 深く鑽迎し 至心に 読誦したてまつる

〇仏説摩訶般若波羅見多心経
觀自在菩薩 行深般若 波羅蜜多 時照見五 蘊皆空度 一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舍利子 是諸法空相不生不滅 不垢不淨 不增不減是故空中 無色無 受想行識 無眼耳鼻 舌身意 無色聲香 味觸法 無眼界 乃至 無意識界 無無明亦 無無明盡 乃至 無老死亦 無老死盡 無苦集滅 道無智亦無得以 無所得故 菩提薩埵依 般若波羅蜜多 故心無罣 礙無罣 礙故無有 恐怖遠離 一切顛倒 夢想究竟涅槃 三世諸佛依 般若波羅蜜多 故得阿耨 多羅三藐 三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切 苦真実不虛 故說般若波羅蜜多 呪即說 呪曰 揭諦揭諦 般羅揭諦 般羅僧揭諦 菩提薩婆訶 般若心経

◉十三仏真言
①不動明王  のうまくさんまんだ ばざら だん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん

②釈迦如来  のうまくさんまんだ ぼだなん ばく

③文殊菩薩  おん あらはしゃのう

④普賢菩薩  おん さんまや さとばん

⑤地蔵菩薩  おん かかかび さんまえい そわか

⑥弥勒菩薩  おん まいたれいや そわか

⑦薬師如来  おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

⑧観世音菩薩 おん あろりきゃ そわか

⑨勢至菩薩  おん さんざんさく そわか

⑩阿弥陀如来 おん あみりた ていせい から うん

⑪阿閦如来  おん あきしゅびや うん

⑫大日如来  おん あびらうんけん ばざら だとばん

⑬虚空蔵菩薩 のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか

◉光明真言(こうみょうしんごん)
となえたてまつる光明真言は 大日普門の万徳を二十三字に集めたり おのれを空しゅうして 一心にとなえたてまつれば みほとけの光明に照らされて 三妄の霧おのずからはれ 浄心の玉明らかにして 真如の月まどかならん

〇おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばらはらばりたや うん

◉御宝号(ごほうごう)
高野の山に身をとどめ 救いのみ手を垂れたもう おしえのみおやに帰依したてまつる 願わくは 無明長夜の闇路を照らし 二仏中間の我等を導きたまえ

〇南無大師遍照金剛

◉回 向(えこう)
願わくは この功徳をもって あまねく一切に及ぼし われらと衆生とみなともに 仏道を成ぜん
〇願以此功徳 普及於一切 我等與衆 皆共成佛道

◉合掌礼拝