以下の内容で行われ無事終了しました

宗教法人十楽寺セミナー

日時:平成29年3月15日(水)
午後7時
場所:来迎の間

<はじめに>
・空前の終活ブーム
・墓地の多様化

墓地に関する基本的な問題を理解してもらいたい

<墓地に関する法律問題>

1 用語の確認
・墓地使用権(永代使用権)
墳墓を安置する土地の使用権(法律上の規定はない)
→固定性及び永久性という特殊性を有する権利

・永代供養墓
祭祀承継者がいない場合などに,墓地の管理者が祭祀承継者に代わって行うというもの

・納骨堂
他人の委託をうけて焼骨を収蔵するために,納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設(墓地埋葬法2条6項)

2 寺院墓地の使用権取得と檀家関係
寺院と檀信徒契約を締結する必要がある(仙台高判平成7・11・27)

3 離壇の話し
1 改葬手続の話し
改葬許可申請書,遺骨埋蔵証明書,その他書面を市町村区に提出
(墓地埋葬法施行規則3条)

2 離壇料について
離壇料は,慣習上の債務であり,請求権の行使を認められている。
→消費者契約法9条に反しないか問題となっている
4 祭祀承継の話し
■祭祀承継と遺産相続
・全く別個の承継制度
・相続放棄しても承継可
・他の相続人よりも多くの遺産の分配を受けることができない
■祭祀財産の承継)
①生前承継
②死亡承継
・被相続人の指定
・慣習
・家庭裁判所の審判
■葬式費用の負担
葬式費用は,喪主が負担する
→葬式条設営,僧侶の読経,火葬や墓標の費用
→49日,初盆,一周忌法要の費用は含まれない
■民事信託の利用について

5 互助会の話し
<問題点>
①葬儀施行時の問題
②解約手数料の問題
③破綻リスクの問題

6 新しい形の埋葬について
・散骨
・送骨
・樹木葬

以上

(講師紹介)
弁護士 西口竜司(兵庫県弁護士会所属)
一般社団法人宗務ネットワーク佑想庵業務執行理事