徳島の出会いの婚活四国霊場十楽寺の愛染堂徳島の出会いの婚活四国霊場十楽寺愛染明王四国霊場の婚活などの出会い、愛染明王のご利益

【愛染明王のご利益】

愛染明王は、煩悩(愛欲や欲望)を悟りに変えて、菩提心(悟りの境地)にまで導いてくれる大いなる愛の力を持つ仏様です。梵名は「ラーガ・ラージャ」といい、一面三眼で、全身が赤色であり、身体が赤いのは、愛染明王の大いなる愛と慈悲がその身体から溢れでている事を表現しています。三つの眼は、仁愛と知恵と勇気の三徳を表しています。その持っている弓と矢の力は、この世の迷いから人々を救い、敬愛と和合、又は、煩悩による苦しみの世界を打払う、とされています。その放たれた矢は、大いなる慈愛の力により、直ぐに目標に到達する事から、息災、増益、敬愛、降伏の四つの利益があり、降魔や除災、男女の縁結びに多いに効果が早くあらわれるとされています。

戦国武将の直江兼続が愛という字を兜にしていたのは、ご存じだと思いますが、その愛の字こそが、愛染明王だと言われています。その他には、源頼朝、お市の方は、愛染明王を守護神としていました。

愛染明王の愛染とは、「藍に染める」という言葉から、男女の良縁はいうまでもなく、染め物屋、アパレルからの信仰も篤く、人に対して敬愛の念を強く祈願しヒットを願う芸能人、商売繁盛を願う商人や企業家、出世を願うサラリーマンとその家族、身体健全を祈る人たち、必勝祈願の受験生と多種多様の方々から愛染明王は支持されています。

愛染明王はその字の如く愛を染めていただく佛様、良縁を結んでいただける仏様であり、それが、友達の縁であったり、仕事の縁であったり、男女の縁だったりします。その縁を最高の縁、良縁にしていただけるのが、愛染明王であります。

よく皆様がよく口にする言葉に「これはご加護だ」とか「これは何かのお知らせかも知れない」とかありますが、これこそが人の人智を超越した仏様の力なのです。

どれだけ愛染明王のご利益の力が大きいかうかがえます。