【お参りの仕方】

  1. 山門にて合掌一礼し、境内に入ります。
  2. 手水場にて口と手を清め、本堂に向かいます。
  3. 本堂でローソク、線香をささげます。
  4. ご持参の納め札や写経を納めます。
  5. 賽銭をいれます。
  6. 心を静め合掌し、お経を唱えます。
  7. 本堂でのお参りが終わりましたら、大師堂にて、本堂と同じ手順でお参りします。
  8. 納経がある場合はご朱印をもらって下さい。

 

【お参りする時の注意点】

  • おつとめをする時は、後からお参りされる方のため、なるべく正面を避けて下さい。
  • ろうそくは1本なるべく上から、線香は3本なるべく真ん中から立て下さい。
  • ご朱印のおつとめの後で頂くのが基本です。

四国霊場巡拝の服装

 

【巡拝時の服装、その他】

      • 金剛杖(こんごうづえ)

同行二人でお大師様とご一緒に修行させて頂く為のお杖です

      • 輪袈裟(わげさ)

十善会などの戒律を守る事を約束した法衣です。

袈裟をつけている時は守る様にして下さい。トイレなど用をたす時は外して下さい。

      • 数珠(じゅず)

一連数珠と単数珠がありますが、数珠を摺る時は祈念するという意味があるので、なるべく巡拝中は一連数珠を使って下さい。一連数珠は108の玉が煩悩を示していて、単数珠はそれを省略したものです。

      • 経本(きょうぼん)

各霊場のご本尊様とお大師様にお経を奉納する為に必要です。

      • 山谷袋(さんやぶくろ)

頭蛇袋(ずたぶくろ)ともいい、納経帳、経本、等を入れておく袋の事です。

      • 鈴(れい・すず)

巡拝中の安全や魔除けの為につけます

      • 札ばさみ(いたばさみ)

納札をいれておくものです。

      • 納札(おさめふだ)

巡拝回数により色が違います

白 巡拝回数1回~4回

緑 巡拝回数5回~7回

赤 巡拝回数8回~24回

銀 巡拝回数25回~49回

金 巡拝回数50回~99回

錦 巡拝回数100回以上

*あくまで目安ですのでこの通りする必要はありません。

20回以上巡拝された方でも白札でされている方もいます。

      • 白衣(はくえ、びゃくえ)

死装束とされ、どこで死に絶えてもいいという覚悟のしるしとされていました。聖なる世界を行く鎧と言ってもいいかもしれないです。

      • 納経帳(のうきょうちょう)

お経を納めた証として頂くためのものです。

四国では重ね印(一回だけでなく2回、3回と重ねる事)をします。ご朱印はスタンプではありません。

      • 納経軸(のうきょうじく)

納経帳と同じようにします。ただし、重ね印はしません。

      • 線香(せんこう)
      • 蝋燭(ろうそく)

*上記に巡拝時の服装を記しましたが、必ずこの様にする必要はありません。納経帳と数珠は持って行く事をお勧めします。